買い物は献立を考えてから行くと早く終わる!

スーパーで買い過ぎ、長居にならないためのコツ

目を引く「特売品」を見極めよう!

よく、買い物に行く時は、空腹やノープランは、ダメと言います。
何故ならば、空腹もノープランもどちらも「買い過ぎ」に繋がるからです。
レジに行って会計の時に、え?こんなに買ったの?と自分で驚いてしまうこと…ありますよね。
経験者の方や振り返ると確かにそんな気がする…とお気づきの方も多いと思いますが、「買い物」には、私たち消費者の意図に反して、関係してくるものがあるということです。
買い過ぎは、後の後悔に繋がるとともに、余計な出費は、積み重なると家計としても大きな痛手となります。
では、家計に優しく、買い物上手になるためにはどのような点に注意し、何を意識したらよいのでしょうか?
それは意外と簡単で、買い物に行く際、「メモを持って行くこと」です。
え?そんなこと?もうやっているけど…という方もいるかもしれませんが、この「メモ」の書き方にもポイントがあります。
買い物に行く前に、買いたいものをメモするのではなく、予め献立を決め、まずその献立に使われる必要な材料を全て羅列します。
次に、既に家にあるものを確認し、羅列したメモにチェックを入れ(または残りの個数や量を記入)、購入する必要が無いことを明確にします。
すると、購入が必要な材料がメモ上に残り、買い物リストとなります。
何の変哲もないひと手間ですが、これをすることにより、今までしてしまっていた買い物における「失敗」がほとんどなくなります。
忙しい方にとっては、これも手間に感じてしまうかもしれませんが、買い過ぎやスーパーでの時間ロスを減らすことで、買い物へのストレスも家計圧迫の心配も回避できると思えば、やってやれないことではないと思います。

誰もが一度は経験!買い物で失敗した…と思うこと

いつもより安い!と購入し、家に着いてからよくよく確認してみると、まだたくさんあった…なんて経験、ありませんか? お店に「特売品」などの掲示があると、チャンス!と思ってしまいがちですが、そこには落とし穴があります。 特売品として出ているものは、意外と早くまた特売として出てくる傾向があります。

メモを取る習慣づけが功を奏する

何も考えずに買い物に行っている方には、是非とも試して欲しい方法があります。 それは、買い物に行く前に、夕飯の献立を決め、買う必要があるものをメモすることです。 メモは、ある意味、夕飯の材料という目的が明確化されているため、余計な物を買ってしまう可能性も低くなり、長居は避けられるでしょう。

冷蔵・冷凍以外のストック品の保管場所

箱で購入した飲料、調味料や乾物、レトルト、嗜好品…それ以外にもトイレやお風呂用品、洗剤などは少なからずストックがあると思います。 それらの保管場所は各々決まっていると思いますが、在庫数や期限などをチェックする機会や手段がないと、これも買い物時間延長や買い過ぎに繋がってきます。