スーパーで買い過ぎ、長居にならないためのコツ

冷蔵・冷凍以外のストック品の保管場所

キッチン、納戸の在庫数をチェック

きれてしまってからでは遅い、いざという時のために…と、長持ちするものは、安い時にたくさん購入してしまいがちです。
塩や砂糖といった調味料系は特に、料理にはよく使用するアイテムになりますので、なくなってからでは遅いと思われるのも理解できます。
また、賞味期限の遠いものは、意外と目につく場所に置かれないことが多いため、買い置きがあることを忘れて購入してしまったり、放置しすぎて結局期限が切れてしまうということもあります。
そんなことがないよう、キッチンや納戸は整理して見やすくし、在庫数や残りがよく見えるようにしておくことが重要です。
整理することは、在庫把握にも繋がるため、品数が把握できれば、献立も立てやすくなり、結果的に買い物過多や長居も防止できるようになります。

大量ストックは豊富なメニューに繋がらない

安い時にできるだけたくさん購入しておけば、いざという時困らない、食事のレパートリーも増える!と思っている方、そこには落とし穴があります。
購入当初であれば、豊富な在庫数が気持ち的にも余裕を生み、それを使用したメニューを考えたりしますが、それを意識するのはせいぜい数日で、いつの間にか、ストックがいくつあるか、それらの期限がいつまでか忘れたまま時は過ぎ、気付いた時には期限切れなんてことも…どれだけ安く購入できても、使用期限切れでダメにしてしまったら、元も子もありません。
しっかりとある程度の献立を立てている方が、その献立に必要な材料を必要なだけ購入することが、食材の無駄を無くし、限られた食材の中でメニューを考えることが、レパートリーの広がりにも繋がります。


この記事をシェアする